同時開催:FOODEX JAPAN 2018 東京マッチング商談会 & セミナー ~日本・タイ 食品関連産業の連携イノベーション~

主催者挨拶

タイでは中堅食品企業の成長に伴い、日本の企業との連携ニーズが高まっています。一方、日本は外国人観光客の増加、東京オリンピックの開催などで世界とのビジネスチャンスが生まれています。そこで、世界へ輸出力があり、HALAL対応や生産能力に優れたタイ企業と、技術力や商品開発力が高い日本企業とのビジネスマッチングにより、新たな連携ビジネスを生み出すことを目的に本イベントを開催します。広く食品関連業界関係者の来場をお待ちしております。この機会をお見逃しなく。

来場対象

特別講演会プログラム

  • 日本語同時通訳付

13:00ー13:05
主催者挨拶

公益財団法人東京都中小企業振興公社 理事長 福田 良行

13:05ー14:35
特別講演会
講演1 「日・タイ企業連携で世界の市場に挑戦」
~イノベーションでオリンピック需要をつかみ、世界へ販路を広げる~

なぜ今、食品産業において日本とタイの連携ビジネスが注目されるのか、なぜ、タイなのか、お互いの強みを活かした連携とその将来の可能性について、当公社タイ事務所経営相談員の梅木氏よりお伝えします。 梅木 英徹 氏 東京都中小企業振興公社タイ事務所 経営相談員 
梅木 英徹

講演2 「The global food innovation hub in Thailand」
– Food Innopolis –

タイ政府が企業の研究開発部門などを誘致するタイランドサイエンスパークに位置し、タイ食品産業のイノベーション推進機関であるFoodInnopolis。最高執行責任者(COO)を務めるエックアノン・ジャーンブーア博士より、日本企業への支援についてご講演いただきます。 エックアノン・ジャーンブーア 博士 タイ王国科学技術省フードイノポリス COO 
エックアノン・ジャーンブーア 博士

14:35ー16:00
タイ食品企業5社プレゼンテーション

来日するタイ食品企業5社から、それぞれビジネスニーズやシーズを発表いただきます。
ビジネス連携に向けた情報が満載ですのでお見逃しなく。

セミナーおよび商談会事前登録(無料)はこちらから

ビジネスマッチング

以下のタイ食品企業5社との個別商談の場をセッティングします。

商談時間帯:2018年3月6日(火)14:30~17:00
商談場所:上記特別講演会場隣室 商談会場

お申込方法
  • セミナーの聴講予約は先着受付順になります。
  • 2月20日前後を目途に、事務局から商談アレンジ結果をEmailでお知らせします。
  • 商談会当日、商談用資料をご持参の上、商談会受付までお越しください。各商談時間は20分程度となる予定です。
ご注意
  • 事前登録いただいた内容に関して、事務局より事前に詳細確認させていただく場合があります。
  • 商談希望多数の場合、事務局にて皆様のお申込内容を勘案の上、商談のアレンジをさせていただきます。全ての商談申込が受付できない場合もございますので、あらかじめご了承ください。
1 | Sea Value Public Co., Ltd.マッチング要望の詳細
  • 設立年度2004
  • 従業員数10,000
  • 保有認証BRC, IFS, FSSC22000, ISO/IEC 17025, HACCP, GMP, HALAL
  • ホームページhttp://www.seavaluegroup.com/

世界190カ国以上へ輸出実績のある大手ツナ加工食品メーカー。伊藤忠商事の出資を受ける。タイ国内に3箇所、フランスに1箇所の工場、約1万人の従業員を有する。タイの水産加工産業は労働集約型で、特にマグロの骨抜きや各部位ごとに分別する作業はまだ自動化が進んでおらず多くの労働力を要する。同社は積極的に生産ラインの自動化に取り組んでいるが、ロボットの導入を進めつつ、同時に人材育成にも取り組んでいる。また、R&Dにも力を入れており、50名以上の研究者が市場ニーズや消費者のライフスタイルの変化などを踏まえた研究開発を行っている。日本の消費者向けに健康志向商品や高齢者向け商品を開発、更なるOEM受託の拡大を目指す。

マッチング要望 販路開拓
  • OEM生産受託
共同開発
  • 日本の消費者に対する高齢者向け商品、健康に関する商品開発
生産・技術
  • 梱包までのライン作業のコンベアライン化等、自動化
Sea Value Public Co., Ltd. イメージ画像その1
Sea Value Public Co., Ltd. イメージ画像その2
2 | Sunsweet Public Co., Ltd.マッチング要望の詳細
  • 設立年度1997
  • 従業員数700
  • 保有認証BRC, IFS, KOSHR, HALAL, GMP, HACCP, GAP, ISO14001:2004
  • ホームページhttp://sunsweetthai.com/

スイートコーンのリーディングカンパニー。2017年12月にタイ証券市場(MAI)への上場を果たす。国内の良質なコーンをオリジナルブランド「KC」として世界100カ国以上へ輸出。タイでの国内市場シェアは10%を占める。農業の自動化・効率化等、農業の付加価値向上のため農家への支援に力を入れ、タイ北部10県の契約農家と良好で強固な関係を構築し安定供給体制を確立。日本への輸出は、スイートコーン缶詰については年間500 TEUをはじめ、更なるOEM受託の拡大を狙う。さらに、コンビニやスーパー向けに、「KC」ブランドの新たなとうもろこし商品を日本企業と共に開発したいと考えている。製造面では検査工程の精度の向上やロボットアームの導入による人件費削減に関心を持っており、また冷凍食品・缶詰のX線検査機にも興味を持っている。

マッチング要望 販路開拓
  • OEM生産受託
  • 大型スーパー、コンビニへの販路拡大(販売代理店を見つけたい)
共同開発
  • 新製品を開発し、新たな市場を開拓
  • 日本人の嗜好等、日本市場における消費者ニーズ
生産・技術
  • ロボットアーム、自動包装機の導入
  • 品質検査工程の色彩選別機(カラーソーター)の導入
  • 冷凍食品・缶詰のX線検査機の導入
  • パッケージング技術
Sunsweet Public Co., Ltd. イメージ画像その1
Sunsweet Public Co., Ltd. イメージ画像その2
3 | Nithi Foods Co., Ltd.マッチング要望の詳細
  • 設立年度1998
  • 従業員数120
  • 保有認証FSSC22000, ISO22000, GMP, HACCP, HALAL, ISO14001, OHSAS18001
  • ホームページhttp://www.nithifoods.co.th

乾燥スパイス、調味料の製造メーカー。タイ政府より数多くの受賞歴あり。タイの高品質スパイス市場で30%のシェアを占める。料理の「味」研究所の設立や大学との共同研究による自社独自商品の開発に力を入れており、4つのオリジナルブランドを展開。タイ国内大手小売店のみならず世界10カ国への輸出実績もある。東京オリンピック2020でムスリム観光客向けハラル食品のニーズの高まりを活かし、ハラル対応したジャパニーズスタイルの調味料等を日本企業と共同開発し提供することで、将来的には海外に拡散される日本の味へのニーズに対応した商品の販売を目指す。また工場の生産現場の改善や人材育成、商品の風味劣化防止、にんにくなどの農作物の栽培技術や収穫作業の自動化にも関心を持つ。

マッチング要望 販路開拓
  • OEM生産受託
  • 日本のタイ・アジア料理店への調味料の販売(販売代理店を見つけたい)
  • 日本の日本食レストラン向け調味料の販売(販売代理店を見つけたい)
共同開発
  • ふりかけや味噌汁等の食品生産
  • 欧米市場向けの日本スタイルの料理の開発
  • ハラル認証を取得した日本スタイルの料理の開発
  • ハラル食材としての調味料の開発(東京オリンピック2020での需要に対応)
  • 冷凍食品とそれに使用する調味料の開発
  • シニア層・健康志向な消費者向け栄養補助食品の開発
  • 第三国向け商品の共同開発(日本のノウハウ、ブランド力との融合)
生産・技術
  • にんにくなどの調味料原料栽培・収穫及び人員削減のための機械化に関するノウハウ
  • 「カイゼン」、「リーン生産方式」等、改善をテーマにした従業員トレーニングの実施
  • 冷凍食品・缶詰のX線検査機の導入
  • 味を劣化させない保存技術
Nithi Foods Co., Ltd. イメージ画像その1
Nithi Foods Co., Ltd. イメージ画像その2
4 | Bee Products Industry Co., Ltd.マッチング要望の詳細

ハチミツ及び関連製品メーカー。高品質、健康志向をコンセプトに、タイ北部で栽培されるライチ、ロンガン、ライムの花から取れたハチミツを原料とした商品をデザイン性の高いパッケージを使用して提供。同社商品はタイ国内市場シェア30%を占める。高品質かつ安全な商品の提供のため、全契約農家に対してGAP(Good Agrucultural Practice)を適用するなど、原料調達現場から品質管理を徹底して行っている。また、品質向上のため契約農家を支援する人材育成にも力を入れている。日本市場での更なるOEMの受託を目指す。

マッチング要望 販路開拓
  • OEM生産受託
  • 日本市場(スーパー、コンビニ等)での販路拡大(販売代理店を探したい)
  • 日本市場のトレンドに関する資料・データ
  • アジア市場での販路拡大
共同開発
  • 原材料の安定供給(養蜂のノウハウ)
  • 新製品の共同開発を行い、新たな市場を開拓
生産・技術
  • パッケージ・包装技術
Bee Products Industry Co., Ltd. イメージ画像その1
Bee Products Industry Co., Ltd. イメージ画像その2
5 | Tea Gallery Group (Thailand) Co., Ltd.マッチング要望の詳細

Kombucha、お茶及び関連商品の製造メーカー。中国の雲南からタイへ移住した先祖から代々受け継いできたお茶の製造ノウハウと、タイ北部の伝統的なハーブが融合した商品開発が同社の強み。長年培ってきた知識やノウハウを活かしお茶のブレンドと香りの技術開発を推し進めている。お茶だけでなくScobyを使ったジャムやお菓子など様々な商品を展開。欧米人が多く集まるカフェやレストランを中心に販売中。また、商品力を活かして日本や中国、イスラム圏市場への販路拡大を模索している。お茶と香りの抽出技術やお茶の持つナチュラルな香りの保存技術に高い関心を持っており、より良い商品を提供するため更なる技術向上に取り組んでいる。日本市場ではマーケティングパートナーと共に、飲食店向けへの販売を狙う。

マッチング要望 販路開拓
  • OEM生産受託
  • カフェやレストランへの販路拡大(販売代理店を見つけたい)
  • 日本市場におけるマーケティングパートナー
  • タイ国内及び中国、イスラム圏への販路拡大
生産・技術
  • 茶の抽出技術、香りの抽出技術
Tea Gallery Group (Thailand) Co., Ltd. イメージ画像その1
Tea Gallery Group (Thailand) Co., Ltd. イメージ画像その2
セミナーおよび商談会事前登録(無料)はこちらから 商談会のみの事前登録(無料)はこちらから